システムエンジニアとして働くやりがいの根源になっているのは、成果が目に見えることである場合が多い。IT企業でシステム開発を担うと言われているのがシステムエンジニアだが、実際に従事している業務はシステム全般に広く跨っている。一般的にはクライアントからの要求に対して適切なシステムを開発することになる。その際にはクライアントの相談に対してヒアリングを行い、システムを考案することから従事することになることがよくある。

そして、考案したシステムの開発が完了したらテストを行い、クライアントに納品をすることもシステムエンジニアが担うのが一般的になっている。このため、自分の発案によって生み出されたシステムをクライアントに見てもらい、その評価を聞くことができるのである。実際に現場でシステムが動いている様子を確認することもできる場合が多く、確かな成果を上げたという達成感が得られる。これがやりがいになるのがシステムエンジニアの仕事だが、現場を退いてしまうことになるとこのやりがいが失われてしまうことになる。

優秀なエンジニアの場合には管理職に昇進することもあるものの、それでも退職してしまうこともないわけではない。成果が目に見えてわかる状況から成果が見えない状況に変化することによって、仕事にやりがいを感じられなくなってしまうのが懸念されるからである。退職して別の仕事を探すことになるのは、達成感のある仕事をしたいという気持ちが根底にあることが多い。ただどのような理由にせよ、気持ちが向くままに行動するのではなく、退職前に知っておくべきことを把握した上で行動し円満に辞める方がのちのち後悔しないだろう。