職場による業務範囲の違いから選ぶ退職

やりたい仕事に従事できることを目指して転職するという傾向は多くの業界で強まってきているが、IT業界ではとりわけその考え方が浸透してきている。システムエンジニアの業務内容は広く言えばシステム開発全般であり、問題の理解や提起やソリューションとしてのシステムの考案に始まり、その開発そのものも担うこともある。そして、完成したシステムの実装や導入、テストを経て納品に至るところまでをカバーすることも多い。

しかし、これらを全て業務範囲としている企業はあまり多くはなく、職場内で適材適所で分担されている傾向がある。結果として自分のやりたい仕事に携われないこともよくあり、それを退職理由として別の現場で働くことを目指すシステムエンジニアも少なくない。人によって好みがあるのは確かであり、クライアントへのヒアリングを重視したい人もいれば、開発や実装に興味のある人もいる。一部を担うのを好む人もいれば全体に携わってこを意味があると考える人もいるのである。

仕事を始めてからその点に気づくというケースも多いため、退職して別の職場を探すことになりやすい。自分のやりたい業務範囲を把握して、それを一通りカバーしている待遇で採用してくれる企業を探し求めることになるのである。IT企業側もそれぞれが独自の方法で人材の配置を行っていることから、詳細に現場の話を聞いて職場を選べば望んでいる形でシステム開発に携わっていくことができる。